LINE公式アカウントの設定を行う

LINE公式アカウントの基本的な設定を行ったあとは、続けてスマートメールコネクトとの連携に必要な設定を行います。

このトピックに出てくる「ベーシックID」、「アクセストークン」、「Channel ID」、「Channel Secret」は、いずれもスマートメールコネクトの設定画面内「アカウント設定」の各項目に入力するものです。
スマートメールコネクトの設定画面を一緒に開きながらLINE公式アカウントの設定を進めると、設定を同時に行えるため便利です。

LINE公式アカウントの応答モードを確認する

  1. LINE Official Account Manager(https://manager.line.biz/)にログインし、スマートメールコネクトと連携を行うLINE公式アカウントを選択します。
  2. LINE Official Account Managerへはこちらをクリック
    LINE Official Account Managerアカウントリスト
  3. LINE Official Account Managerのホーム画面が表示されます。
    画面上部に表示されているアカウント名の横にある、「@」から始まる英数字が「ベーシックID」です。
  4. 画面上部に表示のベーシックID

    スマートメールコネクトの「アカウント設定」にある「LINE ID」の項目に、「ベーシックID」を@を含めて入力します。

    ベーシックIDをスマートメールコネクトに入力
  5. ベーシックIDの更に右に表示されている「応答モード」が「チャット」になっていることを確認します。
  6. 応答モードの確認

    「応答モード」が「Bot」になっている場合は、応答モードを押し、「応答設定」の「基本設定」にある「応答モード」を「チャット」に変更します。

    応答モードの変更画面

あいさつメッセージを変更する

「あいさつメッセージ」とは、LINE公式アカウントを友だち登録したタイミングでユーザーに自動で送信されるメッセージです。
ほとんどの場合、お店のLINE公式アカウントを友だち登録していただいたお客様へ初めて送信されるメッセージはこのあいさつメッセージとなるため、ここにスマートメールコネクトのユーザー登録URLを記載しておくと、お客様に行っていただくスマートメールコネクトの連携許可操作がスムーズになります。

  1. LINE Official Account Managerのホーム画面にアクセスし、画面左のメニューから「あいさつメッセージ」を押します。
  2. LINE Official Account Manager設定画面
  3. あいさつメッセージを編集します。
    スマートメールコネクトのアカウント設定内に記載されている「ユーザー登録用URL」が含まれた文章に編集し、「変更を保存」ボタンを押します。
  4. あいさつメッセージ編集画面

Messaging APIを取得する

「Messaging API」とは、LINE公式アカウントの機能の一つで、管理システムから送信したEメールをスマートメールコネクトを通してLINE公式アカウントからのメッセージとして届けるために必要なものです。

  1. LINE Official Account Managerの画面右上方にある「設定」を押します。
  2. LINE Official Account Manager設定画面にアクセス
  3. 「設定」画面左側のメニューから「Messaging API」を選択します。
  4. 設定メニューの選択
  5. 「Messaging APIを利用する」を押します。
  6. Messaging API初期画面
  7. 開発者情報の登録画面が表示されます。以下の2点を設定し、「同意する」ボタンを押します。
  8. Messaging API登録画面
    名前
    管理者の名前を入力します。
    メールアドレス
    連絡可能なメールアドレスを入力します。
  9. 確認画面が表示されます。「OK」を押します。
  10. 開発者情報の確認画面
  11. 続いて「プロバイダーを選択」の画面が表示されます。「プロバイダーを作成」の欄にスマートメールコネクトと連携するLINE公式アカウントのアカウント名を入力し、「同意する」を押します。
  12. プロバイダー作成画面

    例えば、「ナレッジフロー美容院」というLINE公式アカウントをスマートメールコネクトと連携させる場合、プロバイダーの名前は「ナレッジフロー美容院」となります。

  13. 続いて「プライバシーポリシーと利用規約」の画面が表示されます。ここは何も入力せず「OK」を押します。
  14. 入力不要の設定画面
  15. 確認画面が表示されます。「OK」を押します。
  16. 設定の確認画面

Messaging APIを設定する

ここから先は別のウェブサイトに移動します。

以上の手順まででLINEアカウントの応答モードの確認からMessaging APIの取得を行っていたウェブサイトは「LINE Official Account Manager」です。
ここから先、Messaging APIの設定を行うウェブサイトは「LINE Developers」です。

  1. LINE Developers(https://developers.line.biz/console/)にアクセスし、「プロバイダーリスト」から先程のMessaging APIの取得の手順で入力したプロバイダー名を選択します。
  2. LINE Developersへはこちらをクリック
    LINE Developersプロバイダーリスト
  3. 一覧から先程取得したMessaging API(お店のLINE公式アカウントと同じアイコンのもの)を選択します。
  4. 連携するMessaging APIの選択
  5. アカウントの情報が表示されます。
  6. アカウント情報画面
  7. そのまま画面を下にスクロールし、「メッセージ送受信設定」の項目にある「アクセストークン(ロングターム)」の再発行ボタンを押します。
  8. アクセストークン
  9. 「再発行」ボタンを押します。
    「失効までの時間」を変更する必要はありません。
  10. アクセストークンの再発行
  11. 「アクセストークン(ロングターム)」の項目に文字列が表示されます。
  12. アクセストークンの発行と表示

    「アクセストークン(ロングターム)」に表示されている長い文字列を、スマートメールコネクトの「アカウント設定」にある「LINEアクセストークン」にそのまますべてコピーして貼り付けます。

    アクセストークンをスマートメールコネクトに入力
  13. 画面左側の「プロバイダー」の項目にある、現在設定を行っているプロバイダーの名前を押します。
  14. LINE Developersプロバイダーリストに戻る
  15. 手順2の画面に戻ります。「新規チャネル作成」を押します。
  16. 新規チャネル作成
  17. 新規チャネル作成ダイアログが開きます。「LINEログイン」を押します。
  18. 新規チャネル作成画面
  19. 新規チャネル作成画面が開きます。以下の5つの項目を設定します。
  20. 新規チャネル設定画面
    アプリアイコン画像
    任意で設定する項目です。お客様がスマートメールコネクトとの連携許可を行うとき、連携を行うアプリとしてこのアイコンが表示されます。
    アプリ名
    LINE公式アカウントの名前(「ナレッジフロー美容院」など)を設定します。
    アプリ説明
    スマートメールコネクトによるメッセージ送信機能の説明を入力します。
    アプリタイプ
    「WEBで使う[WEB]」にチェックを入れます。
    WEBで使うにチェック
    メールアドレス
    LINE Developersと連絡を取れるメールアドレスを入力します。

    その他にも「プライバシーポリシーURL」などを設定する項目がありますが、上記の5項目以外を設定する必要はありません。
    「アプリアイコン画像」「アプリ名」「アプリ説明」は、お客様がスマートメールコネクトとの連携許可を行う画面に表示されます。

    連携許可画面
  21. 上記の5項目を入力後、ページの一番下にある「入力内容を確認する」を押します。
  22. 新規チャネルの入力内容確認
  23. 入力内容を確認し、LINE Developers Agreementの内容についての同意のチェックを入れて「作成」ボタンを押します。
  24. 新規チャネル作成
  25. 一覧に新しく作成したチャネルが追加されます。新しく追加されたチャネルを押します。
  26. 追加されたチャネルを選択
  27. チャネルの名前の右側にある「非公開」を押します。
  28. 非公開をクリック
  29. 「公開する」ボタンを押します。
  30. アカウントの公開
  31. 公開状態が「公開済み」になっていることを確認し、「アプリ設定」タブを開きます。
  32. アカウントの公開の確認
  33. 「リダイレクト設定」内の「Callback URL」の項目について、画面右側にある「編集」ボタンを押します。
  34. コールバックの編集
  35. Callback URLの編集画面が開きます。
    スマートメールコネクトの設定画面内「アカウント設定」にある「コールバックURL」をコピーし、Callback URLの編集画面に貼り付け、「更新」ボタンを押します。
  36. コールバックURLをスマートメールコネクトから貼り付け

    Callback URLに誤字や脱字、余計な文字記号の混入などがあると、ユーザー登録用URLにアクセスした際に「400 Bad Request Invalid redirect_uri value. Check if it is registered in a LINE developers site.」のエラー画面が表示されます。
    Callback URLは一文字も間違わないようにコピーアンドペーストを使って入力することをおすすめします。

    エラー画面
  37. 「チャネル基本設定」のタブを開きます。
  38. チャネル基本設定を開く
  39. 画面を下にスクロールし、「Channel ID」「Channel Secret」を確認します。
  40. 項目の確認
  41. 「Channel ID」に表示の文字列をコピーし、スマートメールコネクトのアカウント設定内「LINEチャネルID」に貼り付けます。
  42. チャネルIDをスマートメールコネクトに入力
  43. 「Channel Secret」に表示の文字列をコピーし、スマートメールコネクトのアカウント設定内「LINEチャネルシークレット」に貼り付けます。
  44. チャネルシークレットをスマートメールコネクトに入力

以上でLINE公式アカウントの設定は終了です。
スマートメールコネクトに貼り付けたベーシックIDなどの情報を保存するため、最後にスマートメールコネクトの設定画面最下部にある「更新」ボタンを押します。

スマートメールコネクトの更新

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする